よくある質問

公立の劇場・音楽堂等とは

Q13. 文化庁の第4次基本方針で触れられているユニークベニューとはどんなものですか。

ユニークベニュー(英語:unique venue)とは、地域の名所や劇場・美術館・博物館などの文化施設などの「ユニークな場所」を、MICE(ミーティング、インセンティブ旅行、カンファレンス、イベントや展示会の頭文字をとったビジネス・イベントの総称)の実施場所として提供し、国内外からビジネス目的の集客を大きく増やしていこうという考え方および実際の場所のことを指します。
 海外の諸都市ではMICEに合わせて文化施設や公的施設をレセプション等の場所として提供することが一般化しており、国際的なMICE誘致競争の強力な武器ともなっています。日本でも、この動向を踏まえ、2013年度から観光庁を中心に、ユニークベニューによるMICE誘致施策が展開され、全国各地の文化施設や公的空間の調査が行われています。
 現状ユニークベニューとして観光庁にリスト化されている場所の多くは観光地や美術館・博物館となっていますが、劇場・ホール系の施設も、「札幌芸術の森」、「横浜能楽堂」、「名古屋能楽堂」、大阪の「旧桜宮公会堂」や「大阪市中央公会堂」等、既にリスト化されているものも出てきています。自地域の施設でユニークベニューとして活用できるものはないか、一度検討しておくことが望まれます。

観光庁 ユニークベニューの取組について

よくある質問一覧へ戻る 

ページの先頭へ