よくある質問

公立の劇場・音楽堂等とは

Q11. 芸術文化振興基金について教えて下さい。

芸術文化振興基金とは、芸術家及び芸術に関する団体が行う芸術の創造又は普及を図るための活動、その他の文化の振興又は普及を図るための活動に対する援助を継続的・安定的に行うことを目的とした基金で、政府から出資された541億円と、民間からの出捐金120億円の計661億円を原資として、(独)日本芸術文化振興会内に、1990年3月に設立されました。同基金では、基金の運用益と文化庁からの文化芸術振興費補助金をもとに各種芸術文化活動への助成を継続して行っています。
 芸術文化振興基金の助成事業には、下記の種類があります。民間の団体や企業に加え、地方公共団体の施設(劇場・ホールや美術館等)や地方公共団体の文化振興のための財団が、助成対象団体として、多く採択されています。

1.芸術文化振興基金による助成事業

  1. 舞台芸術等の創造普及活動
  2. 国内映画祭等の活動
  3. 地域の文化振興等の活動

2.文化芸術振興費補助金による助成事業

  1. トップレベルの舞台芸術創造事業
  2. 映画製作への支援

 同基金は、また、日本版アーツカウンシルについての取組も進めています。アーツカウンシルとは、欧米諸国等で設置されている芸術文化に対する助成の審査・決定、助成された活動の評価等を行う専門家等による第三者機関のことで、文化庁の第4次基本方針でも、アーツカウンシルの設置が、重点戦略の一つに位置づけられています。
 横浜市や東京都など自治体レベルでアーツカウンシルの設置を行う動きもでてきており、そうした事例としても、同基金の活動は見逃せないものとなっています。

芸術文化振興基金

よくある質問一覧へ戻る 

ページの先頭へ